予算管理が経営にもたらす影響とは

予算管理とは予算と実績を比較して、一会計年度における歳入・歳出の計画から大きく外れるような経営となることを防ぎ、その時々で措置ができるようあらかじめ決められた数値目標を管理する業務のことをいいます。そもそも、予算管理という概念はどこから来たのか探り、経営にもたらす影響について見ていきましょう。

予算管理という概念の発生した背景

予算管理という概念は今からおよそ100年前、第1次世界大戦が終結して間もない頃に、ゼネラルモーターズ(GM)、デュポン、シーメンスなどの欧米の大企業から生まれました。

その時代は、荒廃した国土を立て直すための供給力が大幅に不足し、鉄鉱業・セメント・非鉄金属・造船・化学工業が次々と生産を拡大している頃でした。

さらには、ガソリン車がアメリカで出始めたのは、今から100年ほど前になるのですが、自動車産業の成長ぶりも凄まじいものがあり、1903年にその生産台数が1万台を突破すると、1909年には12万台、1920年には190万台余りに急増する勢いとなるのでした。

そのような時代背景の中で生産に必要な人を計画的に採用し、生産を実現するための設備資金をどのように調達するか、というマネジメントをする必要性が出てきたのです。これは、時代のニーズに応じた形で予算管理が誕生した考え方といえるでしょう。

そもそも予算とは?

予算は、短期の予定や計画を数字に落とし込んだものです。経費予算・販売目標・製造計画など個別のものから、全社の総合予算まで様々な単位で存在します。予算は各部門に割り当てられ遂行責任を明確化させるとともに、実績を評価する指針となります。

予算管理とは?

予算管理とは企業の期初の計画と期末の実績を把握・分析する活動のことをいい、経営管理するためにおこないます。企業の目的は利益を出すことですが、予算管理はその計画を確実に達成するため、実際の活動と当初の予算とを比較して業績を分析する必要があります。

また、限られた資源で利益を最大化するための管理をおこなう業務になりますが、企業予算を計数的手段にして展開される経営管理活動の総称といえ、簡単にいうと「会社の問題点・課題を見える化」する仕組みづくりとなるでしょう。

予算管理が経営にもたらす影響

予算管理が経営にもたらす影響は、適したタイミングで迅速に自社の状況を把握して、予算と比較し、進捗状況に照らし合わせて予算が達成できるのかを把握できることです。

当初の予算に従って、売上・原価・経費などをコントロールし、予算を達成させることが予算管理の目的です。また、利益を上げるための目標を設定するという側面が予算管理にはありますが、それと同時に企業の損失が拡大するのを防ぐという、経営の安定化を図ることができることも予算管理を企業が取り入れることのひとつです。

まとめ

予算管理は経営管理の中でも重要であるといえます。予算管理の一般企業向けシステムなども開発されていますので、これまでの経営管理業務の高度化・効率化も測れます。これから、新事業を計画されているのでしたら、予算管理ツールの導入をお勧めします。

関連記事

ページ上部へ戻る