経営者が知っておきたい ~経営とマーケティングの意味と活用~

経営あるいは、経営戦略とマーケティングについて述べると、一緒だと言う人と別だと判断する人がいます。それぞれの意味を理解しながら会社経営に役立てる事が、経営者のリスクマネジメントとなることでしょう。経営とマーケティングの意味と活用について紹介していきたいと思います。

経営の意味について

会社では収益を得る事が大事なのですが、目標やビジョンをかかげる事で、会社の経営的な戦略が見えて来るものです。ビジョンとは将来的にどうあるべきか、構想や未来像をかかげて実現するべき姿を表現したものです。経営的な目標が達成される事を目的として、経営戦略が構築されていきます。

これらの事をふまえて、全体的な観点から事業を管理して運営する事が経営者であり、経営陣らがそれに同調したり修正したりして、会社を軌道に乗せていく事が経営だといえるでしょう。

経営の中にはあらゆる要素がふくまれており、目標やビジョンを達成させる為にマーケティングや人材、財務などを活用しているのです。

経営戦略とは

会社を経営するにあたり、目標やビジョンに向かって、それを達成させる為の方向性や計画を示したのが、経営戦略なのです。

計画の中には、会社全体で行う事業に関する「企業戦略」と各分野での事業を実行する「事業戦略」と、事業にふくまれる各部門に関して行う「機能戦略」に分ける事ができます。これら全体を称して経営戦略と呼んでいます。

マーケティングとは

マーケティングとは、事業として提供する商品やサービスを売る為の活動として、宣伝広告や情報提供とデータ分析を行っていく事にあたります。商品やサービスを提供するには、売り込む事ばかりではなく、お客が求めている物や自から自然に買いたくなるような活動を、最も適切なお客様に向けて発信する事で、販売効果につなげていく事です。マーケティングの中にも分類ごとに活動を行い、全体的に関連付けていく流れを作る事です。

1.市場調査の活動
アンケート調査などを行い、あらゆるデータを利用して、お客様のニーズを把握する活動と、今後に活かすデータ分析を行う事です。直接、お客様をモニターとして意見をうかがったり、質問を受け付けたりします。

2.広告宣伝の活動
あらゆる広告媒体を通じて宣伝活動を行います。昔からの手法としてテレビやラジオ、雑誌や新聞を使う方法や、今の主流としては、ネット検索やEメール、ソーシャルメディアを利用した方法、他にも電車やタクシーなどでの広告、看板広告、イベントによる告知などがあります。

3.効果の検証
それぞれの活動を通じて、商品やサービスが認知されたかどうか、販売売上に結び付いたかどうかを検証します。それによる費用対効果を調べる事で、軌道修正や主力対象の売り込みに反映させていくのです。

今後のマーケティング

インターネットやITの発達によって、販売行動が店舗に買いに行く事から、ネットやスマートフォンで、取り寄せる方向へと大きく変わってきています。特に、それぞれの企業が、SNSを利用して、情報をお客様に向けて発信する活動が主流になっています。

それによって、お客様の購買意欲は、最初は買いたい物だけを注文していましたが、「お得感」や「あったら便利」などの意欲を掻き立てる事で、販売効果に大きく貢献しているのです。店舗とECネット販売、PCとスマートフォンなど、複数の環境を連動させた「オムニチャネル」へと、マーケティング動向が移行しているのです。

まとめ

経営者はこのように変化するマーケティング方法を活用し、経営戦略の実施を行う事で、顧客に向けた販売やサービスの提供で売上目標を達成させる事が勤めであり、かかげたビジョンを目指す事が、会社や社員、地域社会にまで貢献する事につながるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る