経営者のリスク管理によるクラスター感染の対策

会社を運営する上では、新型コロナウイルスの感染予防に努めなければいけません。特に職場などでの集団感染のような「クラスター感染」に対する予防策を講じる事は、会社を守る上では、経営者のリスク管理の必要性を感じます。経営者のクラスター感染の対策について紹介しましょう。

各地でクラスター感染の被害

都内での病院や院内感染・介護施設での集団感染など、人が密集しやすい場所では多くの被害拡大を招く恐れがあります。病院や介護施設での感染拡大は、非常に残念としか言いようがないものです。多くの集団感染は、個々の趣味を満足させる場所での感染が目立つようになりました。

日本で初の症例は、1月3日に中国に滞在歴があり、日本に帰国してから感染が判明しています。これを受けて日本政府は水際対策による出入国の管理を自己申請により、中国や感染地域からの対策を始めました。

例えば、初期の「クラスター感染」としては、大型クルーズ船の寄港により検査を行ったところ、続々と感染被害が判明しており、700人を超える非常に大きなクラスターの発生となりました。都内でも、新年会などを屋形船で行っており7人の死亡者が確認されました。

そこでの感染は、病院の関係者が出席していた事で、更に病院内での感染拡大につながりました。スポーツジムやライブハウスなどのような娯楽施設を中心にして「クラスター感染」が発生している事を受けて、出来る限り人の密集する場所で、密閉した空間・間近で会話を行う密接空間の3つの条件を避ける必要について述べています。

クラスター感染の対策

感染を広げない患者がいる一方で、集団感染を引き起こす「クラスター感染」では、3つの条件を特に重要として国民の一人一人が取り組む意識を要望しています。いわゆる「3つの密」を提唱しています。

1.密集空間
人が大勢集まるライブハウスやスポーツジム、カラオケやナイトクラブなどのレジャー施設などに注意喚起を行っています。

2.密閉空間
ライブハウスや映画館のように、密閉された空間では、換気が悪く、空気中に漂う細菌の付着や吸引が出来やすい状況にあります。

3.密接空間
親しい友人や恋人、夫婦の間でも、身近な会話を行うだけでも、密接な状態にあるとして、特に肩を組んだり手をつないだり直接触れる事で感染リスクが高くなります。

経営者や会社のクラスター感染の対策

経営者は、会社を守る上での3つの条件を特に重要とする他にも、いろいろな対策を講じる必要があります。

①.リモートワークの必要性
一番大事な事は、感染リスクを減らす事につきます。病院やスーパー、運送業の人達は、ライフラインとして必要な為、人数削減は難しいのですが、リモートワークなどができる職種は、自宅での業務を行う事を要請しています。そのスタイルを運用する為の準備が、会社に求められています。

②.「3つの密」を意識して、マスクや手洗いおよびうがいなどの、自己防衛を徹底させる事です。

③.間接的な接触を避ける必要性があります。ドアノブやエレベーターのボタンなどは、直接手に触れないようにしましょう。出来れば手袋やゴーグルなどの完全な防備体制も、やり過ぎという事はないです。なによりも命を優先する事です。

④.会社の取引や契約書の扱いを、クラウド決済による直接人との接触を減らすような、ビジネススタイルを徹底する事です。

⑤.発熱や状態の異変を感じた場合は、無理に出社させずに自宅待機できる体制で、社員の不利益を軽減できる仕組みを確立させる事です。

まとめ

経営者は、クラスター感染が起きてしまうと、会社に多大な影響を及ぼします。そうならない為にも、個人が出来る防衛対策を徹底する事と、経営者が社員に対するビジネススタイルを確立する事が、クラスター感染の対策になります。

関連記事

ページ上部へ戻る