会社のリスク低減の為に有効な事は?経営者が今から実践すべき事

リスクの低減とはリスクの発生確率を下げる事、もしくはリスク発生時の影響を低くするまたはその両方の対策を取る事です。リスクの低減について有効な方法や実践すべき事を見ていきましょう。

【リスク対策】

リスク対策には大きくわけて「リスク回避」「リスク低減」「リスク移転」「リスク保有」の4つの方法があります。これらは企業によってそれぞれの配分が変わります。具体的なリスクの低減の対策例については建物の耐火・耐震補強、労災事故防止のための防災訓練、安全衛生講習、災害時のバックアップサイトなどが挙げられます。このようにリスクの低減には予防や予備、補完などの対策があります。経営者や企業は常にこのようなリスクの予防や予備についての心構えをして十分な準備をしておく事がリスクの低減の為に大事でしょう。

【リスク低減のために】

経営者が考えている事は自分の会社の業績の向上と将来的な会社の発展です。もし経営者がリスクの低減についての知識や認識不足から企業に与えるリスクを増やす事があればそれは将来的な会社の存続にも関わってきます。リスク低減の為に経営者が今から実践すべきことはいくつかあります。まず売上の取引先を集中させる事は多くのメリットもありますがデメリットも多くある事を知っておくことです。受注量が多くなればコストダウンができ、取引が多くなれば密接な関係になるというメリットがあります。しかし一方で取引先が廃業したりする場合はその損失は大きくなり、売り上げが激減したりゼロになる可能性もあります。経営者はこのようなリスクがある事を考えて予防や予備をする事が大事です。

【リスクの分散】

このように売り上げが少数の取引先へ過度に集中する事は企業にとって大きなリスクになります。しかし複数の取引先に売り上げを分散すれば万が一取引先の倒産などがあっても他の売り上げで損失を少なくすることができ、損失の影響を軽減できます。1社あたりの売上の依存度は全体の約3割程度にとどめておく事をお勧めします。経営者は常に会社へのメリットとデメリットのバランスを考えリスクの分散を図るようにしましょう。

【まとめ】

リスク低減については優先順位があります。まず初めに行うのは法令に定められた事項について事業所等で実施されていないものがあればそれをまず実施します。また危険な作業を行っている場合などはその廃止や変更を行い安全な施工方法に変更する必要があります。このようにリスク低減には優先順位がある事も知っておきどれから行えばよいのか理解しておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る