法人保険は企業や経営者の万が一のリスクをカバーしてくれる!

個人の保障の為に保険に加入している人は多いですが、企業にも同じように会社や経営者の万が一の事態を保障してくれる法人保険というものがあります。経営者の方はぜひ万が一の事態に備え法人保険についてどのような保障があるのか詳しく知っておくと良いでしょう。

【法人保険の保障内容】

法人保険は会社が契約者となり保険料を支払っていくもので保障内容は以下のようなものがあります。

・経営者の保障

・法人税対策

・退職金の準備

・会社の複利厚生

・緊急予備資金の確保

・事業継承対策

これらが法人保険の主な目的になります。具体的に会社にとってどのようなリスクをカバーしてくれるのかみてみましょう。

【法人保険でカバーできる会社のリスク】

法人保険は経営者に万が一の事が起こっても会社が倒産したりするリスクに備える事ができます。事故や病気で経営者が亡くなった場合、取引先の信頼を失い融資が受けられなくなる事もあります。また従業員に給与や賞与を支払う事ができないケースもあります。このような時に法人保険に加入していれば経営者が死亡した場合に死亡金を受け取る事ができますので会社の窮地を免れる事ができます。また今現在順調な経営でも災害や水害などはいつ起こるかわかりません。そのような事態に備える為にも帳簿上以外の予備資金が会社には必要になります。法人保険を契約し緊急予備資金があるという事は賃借対照表に記載はされませんが帳簿以外の資金になりいざと言うときにとても助かります。

【法人保険のメリット】

法人保険はリスク軽減も期待できますがこのほかにメリットも多く存在します。例えば法人保険が将来退職金の準備金になる事です。法人保険の保障を受けながら将来の退職金を準備することができますし、保険料の一部を損金にすることが出来るので退職金を貯める方法として法人保険はとてもお勧めです。また法人税の節税にも法人保険は有効です。本来なら約36%の法人税がかかりますが、法人保険に加入すればそれはその一部または全部が損金として扱われ所得から減らすことができ節税になるのです。このように法人保険はリスクの軽減のみならず会社にとって多くのメリットも含んでいる事を覚えておきましょう。

【まとめ】

法人保険と一言で言っても様々な種類があります。法人保険に加入する際にはその目的をしっかりと明確にすることが大事になります。会社の将来を見据え会社や経営者にとって有益な活用法を見いだせるかどうかが加入の判断になります。法人保険は長期的に加入するものですのでぜひじっくりと慎重に選ぶようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る