経営者にとって、必要なスキルとは

会社のトップである経営者は、組織の一番上であり、まとめ役を担っています。多くの場合それはどの規模も問わず、経営を担う役員たちの役目となっています。実際はどのようなスキルが要るのか見ていきましょう。

最初に必要なものは・・・

経営者にとって最も重要なスキルポイントは、何もかもすべて完璧であるといった考えを一切捨てることです。この部分にこだわりを持ちすぎるとかえって疲れるだけですし、最初からすべての面で有能であると逆に足を引っ張るリスクが高くなるからです。

自分にとって一番の強みは除いて、全体的に見て弱点となる項目はその分野に得意な方に託しておくか、外部に委託して任せておくといった選択肢が存在します。

この部分をしっかり固めておけば、信頼できる人材や業者と一緒に仕事をこなしていくことができるでしょう。すべてが器用な方なら問題ないですが、最初から無理して完璧を求める必要などありません。

リーダーに求めること

①リーダーシップ
スキルとして求められる項目は、組織を率先してまとめていく力です。判断力を的確かつ迅速に下す力、つまり客観的な立場になって物事をとらえる力が必要となるわけです。それが正しい判断力を養うようになり、組織を全体的に動くとしてもその勢いが変わっていくわけです。

②マネジメントスキル
具体的なビジョン維持のために欠かせないのが、マネジメントのスキルです。行動やそれに伴う期間を具体的に示しておかなければ、方向性を見失います。これからやるべき企画を立案し、能力や人的リソースを見極めながら現実的な内容で判断を下し、的確に状況を把握する力を持つことが大事です。

③リサーチ力
起業する以上は周囲を見る力、つまりリサーチ力も要求されます。競合他社の調査ビジネスモデルとして、どのようにして利益を上げているのかというような、成功と失敗双方の事例も加味しながら事業を進めていかなければなりません。

④戦略
マーケティングにおける戦略を立てる場合や、商品の企画と作製、価格の決定や集客システムのほか、会計や経理、それに決算書などの項目については数学が苦手の方でも、数字の積み重ねだけで収支計算として成り立ちますのである程度の理解が必要です。

厳密にいえば、財務諸表は税理士に任せておけばいい問題ではありません。数字から状況を読み取り資金繰りを行っていけば、会社のお金の出入りを把握しやすくなります。

⑤幅広い知識
組織を引っ張る経営スキルの一つとして、法律のスキルも要求されます。会社を立ち上げると立場は、契約書の内容に対しての責任があるほか、事業の一部は許認可が必要か否かを筆頭に、その業界の法規や人を雇う場合の労働基準法といった関連性の高い法規を理解し、難しい場合には専門家からアドバイスをもらうようにしましょう。

仕事をするために欠かせないもの

上記で上げたスキルは必ずしも、経営者が完璧に身につけるべきものではありません。なにを理解してどう行動しなければならないかを、理解することがとても重要です。不明点を感じたら専門家や機関などに質問をぶつけて、答えをもらいながら理解していくことが必要です。

まとめ

経営者が、どのようなスキルが必要な存在なのかをお話ししましたが、社長はすべての意味において有能だから完璧なのが一番だといった考えではなく、責任と信頼のもとで行動して少しずつの積み重ねがスキルアップへと繋がり、会社の成長へと寄与していくのです。

関連記事

ページ上部へ戻る