経営者に英語力が求められている理由とは

英語は相手とコミュニケーションを図る際に使うツールの1つです。グローバル化な社会だからこそ、様々な情報を収集するには経営者にとって英語力は必要になってきます。今回は、経営者に英語力が求められている理由について考察していきます。

経営者の基本的な役割とは

初めに、経営者の基本的な役割について確認しておきましょう。経営者は、顧客と社員、それから社会に関わり合いながら、大きな成果を出して利益を獲得していける様に、目的などを明確に提案していきます。つまり、自社の目的を達成するため、経営者は常に業務内容の全てのプロセスを把握し、社員のマネジメントを行う必要があるのです。

英語力の必要性について

グローバル化により世界の公用語となっている英語は、取引先とコミュニケーションを図るための大切な手段となっています。今では、インターネットの半分以上の情報が英語で記載されていると言われています。参考程度に翻訳機を使うというのは良いですが、実際に相手と会って取引や会議を行う際には自分の言葉で伝える必要があります。なぜなら、言葉で伝えられない機械では自分の強い意志を相手に伝えることが不可能だからです。

日本の企業の英語力について

日本の企業では英語を話している部署や業務は増えてきましたが、全ての社員が英語を話せるかと問われるとそうではないのが現状です。採用条件として英語力を求める企業はたくさんあるものの、うまくコミュニケーションとして用いることが出来ない方がまだまだ多い様です。

プレゼンテーションでの英語力について

経営者は、外国の様々な企業に対して、プレゼンテーションを行います。プレゼンテーションでは、自分の企業の魅力的な情報を相手に理解してもらえる様に伝えなくてはなりません。相手を説得させるには、通訳を頼るのではなく、たどたどしくても良いので積極的に自分の英語脳の引き出しを開けて話してみることをおすすめします。一生懸命説明することで、相手に熱意が伝わりやすくなります。

経営者本人が伝えるべきことについて

プレゼンテーションでは特に、自社のミッション・ビジョン・事業内容に対する熱意は自分の言葉で伝えてみましょう。うまく話そうとせずに英語に対する苦手意識を捨てて、湧き出てくる熱意を伝えれば良いのです。大まかな内容を自分で伝えることにより、好印象を与えると同時に、自社に興味を持ってもらえることになります。細かい補足などは、通訳者か英語が有能な社員に任せると良いでしょう。

社員全体の英語力を上げるにはどうすれば良いのかについて

まずは、短時間の英語研修を取り入れるなどして、英語を習慣化させてみましょう。全員で行うことで、一人ひとりのモチベーションアップに繋がります。普段のコミュニケーションも英語に変えてみると、徐々にスピーキングに自信が持てる様になってくることでしょう。また、英語力は人それぞれことなっているので、場所を気にせず行えるオンライン英会話を取り入れてみるのもおすすめです。

まとめ

英語は企業を経営していく中で、情報収集や他社との交渉の際に役立ちます。特に外国の会社と取引をしてプレゼンテーションを行う際には、重要な項目に関しては自分で英語を使い表現ができる様に準備しておくと良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る