経営者のメンタルヘルスの課題について

心理的かつ精神的な健康の状態を表す言葉で使うのが「メンタルヘルス」で、それらを損なうと決断力が鈍ったり、集中力が無くなったりと業務に支障をきたすような影響がでることがあります。経営者のメンタルヘルスケアは、その経営する企業の先行きを大きく左右する要素ではないでしょうか。

経営者のメンタルヘルス

最終的な判断を求められることが多い為、経営者という仕事は大きな重責を持つものです。その責務ゆえに「経営者は孤独なもの」であると言われることが多く、責任の大きさと重さゆえに、経営者は孤独なものという事も理解できるのではないでしょうか。

それはストレスと直結します。そしてそのストレスは、メンタルに直接関係してくるものです。メンタルを崩す原因の最も大きな要因であることは、誰しも理解している事ではないでしょうか。

経営者のストレスの原因は、業務内容以外にも「人」であると言われています。経営の最終目的は「金」と「人」であり、この二つが経営者のストレスに大きく影響しているのです。

人に対するストレスは、自社の人事に関する問題、関係する他社(営業先等)との対人関係に対する問題、それ以外にも自身に関するプライベートな問題と、その範囲は広く根深いものがあります。多くの場合、これらの問題はどの様な方にもあるものです。

人間は多かれ少なかれストレスを受けるものですが、上手くこのストレスと向き合える方はメンタルの強い方といえるのではないでしょうか。精神的なケアを考えた時に、このストレス要因との向き合い方はとても大事です。

メンタルヘルスケア

いかにメンタルの強い方でも、そのキャパを超えた場合は、一気に崩れてしまうことがあります。そして、一度崩壊したメンタルを正常に戻す事はなかなか容易ではありません。したがってメンタルの平安を維持する事こそ、経営者として一番気を付けなければならない案件なのではないでしょうか。

メンタルの自己制御はかなり難しいもので、「分かっておきながら実践できない」という事もあるのが経営者という立場なので、経営者のメンタルヘルスケアは特に難しいかもしれません。

メンタルヘルスのケアに最低限必要な事は、「よく眠れているか・対人関係に悩みはないか・ストレスはないか」などのチェックが、一人で行なえる状態であるかという事ではないでしょうか。

これらの事が出来ていない場合は、既にメンタルは健康ではないと言えるかもしれません。特に経営者の場合は立場上、相談する上司のほか同僚と呼ぶべき人もいないなど、ある意味孤独です。しかし、経営者といえども一人の労働者という意味では他と変わりはありません。

経営者が健康でいる事が、その企業が健全である第一条件です。その為、「経営者は常に心身ともに健康であることが求められる立場である」という事をよく理解しておく必要があるでしょう。

まとめ

経営者のメンタルを正常に保つ為に、心身のリフレッシュ以外に異常を感じるなら専門医に相談をする、などの対処が必要です。健全な経営を継続する為にも、経営者は健康でなければなりません。その為にメンタルヘルスのケアに割く時間を惜しむことのないように、時間を有効にご活用ください。

関連記事

ページ上部へ戻る